肘内障 | ファミー午後の整骨院
Tap to close

肘内障

肘内障

ブログをご覧の皆様、こんにちはヽ(^0^)ノ

大分市大在にある肩・腰・背骨・交通事故専門治療ファミー午後の整骨院の松本です。

今日は肘内障について説明しますね。

肘内障とは?

肘の関節で、腕の骨である橈骨(とうこつ)という骨の一部である「小頭」が、肘の関節の周りを取り巻くように固定している輪状靱帯(骨を取り巻いている状態)から少し外れた状態(亜脱臼)になってしまう肘内障(ちゅうないしょう)。

関節で言えば、少しずれていますので、曲げることができなくなります。

脱臼は、関節から骨がずれている状態です。

肘内障は脱臼とは違って、少しずれているので、脱臼よりは比較的簡単に元に位置に戻すことができます。

子どもの関節は、輪状靱帯が弱いために起こります。

大人の場合、靭帯がしっかり固定されているので、肘内障が起きることはまずありません。

小学校上がるまでの子ども、特に歩き始めた頃の24歳までに多くみられます。

例えば、親と手をつないで歩いていて、幼児が急につまずいて倒れそうになった場合や、親と違う方向に行こうした場合など。

子どもの手や腕をつかんでいるときなどによく起こります。

また、自分で転んだ時や、寝返りした時などに起きることもあります。

症状

  • 肘の痛み
    肘内障の多い年齢ではうまく話せないので、痛みがあってもしっかり伝えられない子どもが多いです。そのため、親が子どもの異変に気づいてあげることも大切です。子どもに以下のような素振りが見られる場合は、肘内障も疑ってみる必要があります
  • 突然激しく泣き出した
  • 腕をだらりとさせている
  • 前腕を内側にして動かそうとしない
  • 肘の部分には赤みなどはない
    上記の状態がみられる場合、肘内障が疑われます。
    特に、動かさないのがポイントです。

治療法

小児科や整形外科で、手術をせずに治療できます。

簡単に説明すると、少し靭帯がずれている部分を医療者が素手でもとの位置に戻す治療法です。

元の位置に戻す方法は、まず子どもに肘関節を軽く曲げてもらい、治療者は片手で子どもの前腕を握ります。

もう片方の手で子どもの上腕をつかむように握り、術者の指先を子どもの橈骨小頭部に当て、子どもの前腕を外側にひねりながら、肘関節を曲げていきます。

このとき、治療者側の感覚でも、関節がちゃんとハマる感じがわかります。

関節が戻った時の音がすることもあります。

この治療は、関節が戻った、その瞬間から子どもは手を動かすことができます。

ここで、必ず手が動くことを確認します。

また、整復後は再発しやすいので、しばらくは手を引っ張ったりしないように注意してください。

注意が必要! 実は骨折のケースもある肘内障

骨折もありますので、痛みの強い時には注意しましょう。

軽くころんだだけで腫れもなく、肘内障と思っていても、骨折しているケースはありえます。

骨折の方が肘内障より痛みが強い印象があります。

子どもの手が動かない場合は、常に骨折を疑い、レントゲン検査を行うことも大切です。

骨折を放置しておくと、治る時に変形してしまいます。

子どもは、骨が柔らかいので折れやすいのですが、治りも早いので早期に固定を行う必要があります。

もし、子供さんの腕を引っ張った時様子がおかしくなって腕を動かさなくなったら当院までお越し下さい。

皆様のお越しお待ちしております。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア