Tap to close

足を組むと骨盤は。

足を組むと骨盤は。

足を組むと骨盤は。

ブログをご覧の皆様、こんにちはヽ(^0^)ノ

大分市大在にある、肩、腰、背骨、交通事故専門治療、ファミー午後の整骨院の首藤です。

今日はなぜ足を組んでしまうのか、足を組むとどうなるのかをお話していきたいと思います。

なぜ、足を組んでしまうのか

結論からお話すると体を安定させるためです。

足を組むことで、体をロックして体を安定させているのです。

なぜ、安定させなければならないのか。

それは、骨盤のゆがみだったり内ももの筋力低下、椅子があっていない、腰痛などこのような要因が挙げられます。

足を組むとどうなるのか

先程も話したように足を組む理由は骨盤がゆがむからなのですが足を組むことで骨盤のゆがみを強めてしまいます。

それだけでなく、腰の痛みも強めてしまいます。

よく、足を組むと骨盤がゆがむと言われますが背骨にもひねりが加わり歪みが出てきます。

足を組むことで組んでる側の腰はひねられるので腰の筋肉が緊張状態になり疲労が蓄積します。

それで腰痛の原因につながります。

足を組むことでお尻の筋肉が緊張し弱くなっていきます。お尻の筋肉が弱まっていくとその下の外ももが負荷を代償しようとするので足が太くなります。

さらに、お尻の筋肉が弱まっていくので垂れ尻になりヒップラインが落ちます。

改善方法

歪んでしまった骨盤を治すのは難しいので骨盤矯正を受けることをおすすめします。

セルフケアとしては、弱まっている内ももの筋肉の強化をすることと内もものストレッチが大切になってきます。

あとは、組んでしまったら直すという意識改善です。

セルフケアの方法が知りたい方は一度当院までお越し下さい。

骨盤矯正を行い、そのあとにお伝えしたいと思います。

骨盤矯正をしたあとに筋トレやストレッチをすることは普通にセルフケアだけするより効果的です。

骨盤のゆがみが気になる、足を組む癖を直したい方は当院までお越し下さい。

皆様のお越し、お待ちしております。

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア